coatings, fireman, firefighter, walking, oil rig, fire, lapinus

鉄骨構造の防火対策

集合住宅や高層オフィス、ホテルなどの大型構造物の多くは、鉄骨を使用しています。 これにより、費用対効果の高く安定した構造を実現しています。

しかし、鉄骨構造の防火対策は、プロジェクトの設計または改修時に考慮すべき重要な要素です。

鋼が 500°C 以上の温度にさらされると、構造の完全性と安定性が低下し、建物の崩壊につながる可能性があります。

鉄骨の梁や柱に防火設備を設置するなど、効果的な防火対策をすることで、このリスクを軽減することができます。

ROCKWOOL 製品の長所と、プロジェクトを保護する方法をご覧ください。

クイックスタートリンクで必要なリソースを入手

推奨製品

なぜ鉄骨構造の防火対策が必要なのですか?

鉄骨は、多くの人が出入りする建物の「骨格」を形成することが多く、安全性の維持が最優先事項です。 それには鉄骨構造の防火設備が役立ちます。

フレームは火にさらされると著しく損傷され、建物の崩壊につながる可能性があります。 1,300°C を超える温度まで溶融しない1とされていますが、鉄骨構造は約 425°C で軟化し始め、650°C に到達すると強度の半分を失う可能性があります2

多くの場合、建物火災は 800°C を超える温度に達します。鉄骨の梁と柱に防火対策すると、フレームの強度低下のリスクを減らし、延焼を遅らせ、人を守ります。 

計算機と節約

効果的な断熱材やその他の製品で鉄骨造の建物を保護することは、エネルギー消費とそれに関連するコストを削減するのではなく、人命を救うように設計されています。 これは、あらゆる建設現場に貴重な付加価値をもたらします。

断熱に適切な量と厚さは、使用される鉄骨梁およびフレームなど建物の規模と仕様で異なります。

最も効果的で安全な保護を確保するために、私たちの詳細な耐火性と用途レポートには、様々な建築物に最適な選択が記載されています。 詳細については、近く事業所にお問い合わせください。 技術仕様の詳細については、弊社の  ROCKSPEC 仕様ツールキットをご覧ください。

house, calculator, funds, state subsidy, germany
当社の特別に開発され、テスト済みの耐火ソリューションを設置すると、建物から非難する時間が足りないというリスクを大幅に減らし、建物が崩れることなく消防隊が火災を制圧できるようになります。

ロブ・クーイカー

ROCKWOOL グループ製品マネージャー

ケーススタディ

課題

ベルギーのアントワープ港5は、持続可能で安全かつ将来性のある建設を実現するために、本社を拡張しました。

ソリューション

ザハ・ハディドが設計を手がけたこの港湾プロジェクトには、冷温水用ボアホールシステムなど、革新的で持続可能な機能が含まれています。 ROCKWOOL の岩綿は、鉄骨構造に断熱材を使用することで火災のリスクから保護する目的でも使用されます。

結果

ROCKWOOLのConlit Steelprotect ボードを取り付けることで、最高ランクのA1 火災クラスの評価を満たし、従業員を保護し、火災安全性を向上させることができました。

Havenhuis/ Port House - Acoustic Capabilities
ROCKWOOL がデザインした、細部にまでこだわったcut-to-fallプランは、大きな手助けになりました。

ゲルト ビーボー

Bureau Bouwtechniek 社のエンジニア設計者、プロジェクトリーダー

持続可能性とエネルギー効率

建築業界は廃棄物の 3 分の 1 を生み出していますが、その中でも ROCKWOOL の断熱材は持続可能なソリューションを提供します。 改装や解体の際に建物から取り外すことができ、新しい岩綿の断熱材に無限にリサイクルすることができます。7

vertical garden a concept of sustainable building, eco building landscape climbing plants

財政支援

国によっては、防火工事や改修のための資金援助を受けられる場合があります。 詳細については、近くの事業所にお問い合わせください。

Energy Efficiency, Key, Keyboard, Button

よくあるご質問

岩綿は耐火性がありますか?
防火とは何ですか?
ROCKWOOL 製品はいつ溶けますか?
;